不動産投資での様々なデメリット

不動産投資での様々なデメリット

不動産投資では、利回りなどから利益だけを、計算して投資をしてしまいますが、たとえばマンションなどでは、修繕積立金が不足をして、大きな金額を支払わなければならないという場合もあります。
修繕計画や管理組合の質などで、計画的に積み立てていないということもあります。
マンション自体が全体的に建て替えの時期に来ているということもあり、これから見えていないリスクが顕在化してくる時代にさしかかっているということなのでしょう。
そのほか、建売などでも、庭の管理や建物の管理でお金がかかります。
所有をしている者の責任で、管理をする必要があります。
いちばん良い方法が、よく管理をされている物件を安く賃貸で借りて住むという方法です。
オーナーとしての責任もなければ、管理組合に参加をする責任もなく、いつでも転居ができるからです。
資産として所有ができるという甘い言葉も、色褪せないようにするのが大変な作業になります。
所有のデメリットもよく理解しておきます。